2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクベッドと日光浴

フクのマイベッド。

121115.jpg

シッポがちょんまげ。

ホームセンターで買った丸型のベッドに、
私がストレッチする際マット代わりに使っていたミニ毛布をプラス。

買ってすぐは乗せてもすぐ降りていたのですが、
2日ほどで自主的に乗っかってくれるようになり、
ほどなくある朝、目が覚めたらフクがこのベッドで寝ていてくれててもうフクちゃんラブー!

121115-1.jpg

一昨日からこの場所になっていますが、それまではヒト用ベッドのすぐそばに。
目が覚めて、ベッドから下を除くと、フクがまるまる寝てて、はあ~シアワセ~。
今はちょっと距離が出てしまいましたが、
でもそこにフクが丸くなって寝てくれているのを見つけると、ホッと嬉しくなります。

121115-2.jpg

耳めくれてる。

ここにいれば大分暖かいと思うのですが、
それでもフクルームこと寝室は、北東向きで朝早い時間しか日が当たりません。
もっと冬になれば、昼間の日差しが反射して、
猫様部屋ことリビングを通り抜けて廊下の方まで差し込みますが、
今はまだその時期ではないので、猫様部屋に比べるとひんやり寒くてかわいそうです。

今朝はいい日差しがリビングに差し込んでいて、
日向ぼっこでちゃんとお日様に当たらないと、カルシウム不足で骨粗しょう症になっちゃうかもと、
思い切ってフクを猫様部屋に残したまま仕事に出てみました。

昼過ぎには曇ってきたので、フクをフクルームに戻しに一時帰宅しました。

玄関を開けると、フクが「どこ行ってたの!」とドアの向こうから体いっぱい訴えてきました。
猫様部屋のガラス窓つきのドアは、フクがマイルームに戻りたかった形跡がいっぱい。
今、トキマーのトイレシートをドアに貼り付けているのですが、
そのトイレシートが全部めろめろ~っと剥がれていたのです。

フクはいつもマイルームに戻りたい時、ドアにかいかいして私たちを動かすのですが、
そのかいかいした跡なんでしょうね。

いつも私が仕事に行くときはフクルームに戻るのに、
今日は日向ぼっこしてるうちにそのままいなくなって、
もう部屋に戻りたいのに、戻りたいからかいかいしてみたけど、誰もドアを開けに来なくて、
「ボクへやにもどりたいよーかいかいかいかいかいかいかいかい」
ってしてたのだろうかと思うと、胸がギューッとなってフクちゃんごめんねごめんね・・・

121115-3.jpg

でも、カルシウム不足もダメ。
猫と日向ぼっこ大事。
この先どうするかは、朝のお天気と私の気分次第。
むーん。


● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/779-f85e5c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もしかして «  | BLOG TOP |  » 1年半

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。