2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと

仕事をしていると、ふとハナのことを思い出す。

獣医さんに聞きたいことがあるのだけど、
なんとなく聞くタイミングを逃したまま1年が過ぎて、
でも私はすごく知りたくて、いつか聞けるといいなと思っている。

仕事をしていてハナのことをよく思い出すのはきっと、
あの頃この場所でずっとハナのことを考えていたからだと思う。
うちにいるよりずっと、ハナのそばにいられなかった分ずっと、
あの頃の私はここにこうして立ってハナのことを考えていた。
だから今でも、何かの弾みでその感覚に戻るんだと思う。
うちにいる時はここまで辛くなることないのに。
あの頃のハナと自分が、この場所にはまだ生きているんだなあと思う。
ちょっと辛くて悲しい細胞の記憶だけど。

120606.jpg
2010年6月21日撮影。ハナ10才。

上の文章は、仕事中にそういう気持ちになって、
それをその場で書きとめたものです。

あの頃、仕事しながら、ハナのことをいつも考えていました。
お客さんがいない時間は、ずっとハナのことを考えていました。
今でも、そうなることがしばしばあります。
そんな時は、大抵泣きます。
泣きますというか、勝手に涙が出てきます。

このことを今日は記事にしようと、
それにあわせてハナの1年前の写真を載せようと思ったら、何気なく思ったら、
そうだ、もう1年前のハナの写真というものはないんだと気付いて、
またちょっと悲しくなりました。

時間って、こういうとき残酷に感じたりしますね。
でも、時間にはいつも助けてもらっています。
時間はいつでも味方です。


● COMMENT FORM ●

ボギーが弱ってた時は私も仕事してました、
帰ったら一番にボギーの所に行って・・・
仕事しててもやはり気になりましたね。
定年になって7日目に亡くなって、結局昼前だったけど、
見送る事が出来て良かったと思います。

ハナちゃんももう1年以上前になるんだね~
未だに私はついこの前みたいな感覚なんだけど・・・

シバヤンへ

シバヤン
ボギちゃん、本当にイイコだったんですね。。。
シバヤンがずっと傍にいてくれた1週間、
ボギちゃんにとっては幸せで穏やかな時間だったんじゃないかなと思います。
わんこにとって、大好きな人が傍にいてくれるのは、何より幸せなんじゃないかなあ…なんて。
今の娘っこ達は、走って食べて寝るのが1番の幸せかもしれないけど^^;
ハナのこと、1年過ぎてから余計に、
そんなに時間が過ぎたのかと感じるようになりました。
やっぱりちょっと寂しいしちょっと悲しいです。心臓が痛くなる感じ。

思い出すときは思い切り思い出して、泣きたい時は思いきり泣いて・・・。
それでいいんだと思います。
だって、それがアキさんとハナちゃんが一緒に生きてきた証だから・・・。

Megiさんへ

Megiさん
もう、思い切り泣くようなことはなくなったんですけどね。
そしてあんまり思い出すと体がしんどくなっちゃうこともあるので(←結構ヤワ ^^;)
涙が出た時はちょっとしんみりしていくんだろうなと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/693-167499ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トキ検査 «  | BLOG TOP |  » 足し算

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。