2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユメ診断

2日前の記事にも書いたように、この前の月曜日、トキユメを動物病院へ連れて行きました。
年に1度の健康診断です。

まずはユメ編。

120519.jpg

「ナンヤワレ」

体重は4.26kg。1年前の4・48kgより少し減っていますが、問題ナシの範囲内。
問診、触診、聴診、血液検査の結果、これらも全て問題ナシでした。
日頃の行いの悪さという検査項目があれば、間違いなく引っかかったでしょうが、
現在の動物の医学では、そこまでの検査の技術は進んでいないようです。
きっとこの先も進むことはないでしょう。
ユメ、命拾いしたね。

血液検査の結果。

120519-2.jpg

キレイに基準値内に収まっていると、見ているだけで嬉しくなります。

去年の健康診断は7月18日
この時の記事に、その更に1年前の分もあわせて血液検査の結果を載せていますが、
本当にユメの血はいつもいいあんばいでございます。
日頃の行いもこれぐらいいいあんばいだといいんだけど。

でも最近は、ちょっとだけイイコみたいになってきたっぽい感じが無きにしも非ずかもだよね。

とりあえず、フクへの攻撃は、フクの毛が抜ける程度になってきた。
以前は返り討ちにあって自分が流血していたんだよね。あれはお間抜けだったよね。
トキへの追っかけはほとんどなくなったよね。
異食症もかなり落ち着いてきたし、あとは爪切りをもっと和やかにさせてもらえれば。

120519-1.jpg

「そうでしょ~ボクイイコでしょ~」

今回はトキユメ連れてだったので、ヒデも一緒に行きました。ほぼ家族総出。
そしたらヒデ、診察台でブルッブルに震えまくるユメを見て
「オマエビビリだなあー!オマエ本当にビビリだなあー!」
と、ここぞとばかりにユメのプライドをズッタズタに傷つける言葉を連発していました。

私は動物病院でのブルッブルのユメはいつも見ていて知っているので、
今回も、例によって例のごとく程度にしか感じていなかったのですが、
それを知らず、うちでの乱暴狼藉ユメのみインプットされていたヒデは、
あのブルッブルっぷりが相当フレッシュだったようです。

「ユメが大声でわめいたりやたら乱暴なのは、小心者だからこそなんだろうな」
弱い犬ほどよく吼えるという言葉を聞きますが、
そうね、もしかしたらユメにもそれは当てはまるのかもしれないねえ。
実際、ユメには他のコにはない神経質な面が、あるといえばあったりします。
まあ、これもこのコの個性だね。ビビリ個性。

そんなビビリちゃん、ブルッブル震えながらも、大人しく検査は受けてくれました。
獣医さんやオネエサンにも「エライねえ」「イイコだねえ」
そしてその後はキャリーの中でこっちにオシリ向けて「かまわないでくれる?」
かわいーのー。

さあ、次はまた来年って感じになるといいね。
むしろキミの場合は病気よりもケガの方が心配だよ。


● COMMENT FORM ●

異常なしって嬉しいですよね~♪
診察台でプルプルは分かる~(^-^)
籠の中に速く帰りたがるんだよね。
文句言って暴れるよりは良いね。

ユメちゃん、うちのちいこと同じような性格かも^^
とにかく全て正常値で何よりです。
その調子、その調子♪
フクちゃんを迎えての新しい環境に慣れたら、きっともっともっとイイコになるよね^^

シバヤンへ

シバヤン
大丈夫だろうとは思っていても、結果が出るまではドキドキするので、
こうやって目に見える形で異常ナシと分かると、ホントにほっとします^^*
ユメのブルッブルは見てて面白いですよ~おもちゃのスイッチが入ったみたい(←ヒドイ笑)
でも頑張りやさんで、今回は大人しく診察受けてくれました。
去年の読み返してみたら、逃げ出そうとしてたみたい。1年で大人になったかな?^^

Megiさんへ

Megiさん
ちいこちんも内弁慶ですか?
ユメ、今回は去年みたいに逃げ出そうとすることはなかったのですが、
よくあれで獣医さん注射打てたなあと思うぐらい、めっちゃ震えてました^^;
さすがプロですよね!お見事!
ユメが対にゃーとの関係でもっとイイコになれるかどうかは謎ですが(笑)
トキみたくマーキングしないだけでもすっごく助かってます~。
フクへの猫パンチは、もうご挨拶みたいなものなのかも。すごい迷惑なご挨拶だけど^^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/686-7a2cf284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あたま «  | BLOG TOP |  » 見てる見てる

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。