2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状

この時期、私に焦燥感を募らせるもののひとつに年賀状があります。

お尻に火がついたぐらいじゃダメで、メラメラ燃え上がってようやく動くタイプなので、
今年もようやく今日、年賀状にアタックしてみました。

母方の親戚の多くが今年は喪中で出すことがないけれど、
西日本に集中する父方の親戚には、父が亡きあと大変お世話になったので毎年近況報告を、
それから、小学校・中学校の恩師や、お世話になったマンドリンの先生、バレエの先生、
違う高校に入ってからはほとんど会っていない小学校からの同級生、
高校の同級生、大学で上京してから知り合った同い年のバイト仲間と、
年賀状を出す相手のほとんどが、何年も何十年も会っていない人ばかり。
東京時代インターネットで知り合ったお友達とは、1度も会ったことない人も。

なので、年賀状には毎年必ず、家族全員分の写真をプリントして送っています。
もちろん今年も、家族全員分を。

と言っても、今年は少しだけ難儀しました。

まず、ヒデと私の写真がほとんどなかったのです。というか、全然。

今年は仕事でもプライベートでもいろいろと余裕がなく、
にゃー達の写真はあんなにバシバシたくさん撮っていたのに自分たちのはさっぱりで、
年末の慌しさ満載の笑顔を年賀状の為に撮るのもウソクサイ。
さてどうする、で、
今年の11月、私たちのツーショットをお友達のezomomongaさんに撮ってもらった、
その写真が本当にとってもいい雰囲気だったので、
ヒデと私のは、ezomomongaさんのその写真を使わせてもらうことにしました。

お次に、にゃー達。

ご存知の通り、今年に入ってからのハナの衰弱はとても著しく、
ハナの写真は本当にビックリするぐらいたくさんあるのに、
年賀状に載せるのに相応しい写真は本当に少なく、というか、ほとんどなく、
だからと言って数年前の写真・・・っていうのも私の中ではなんだか違って
できれば3にゃー揃ったのがいいけど、既に去年の秋頃からトキユメは険悪で、
私たちのように写真がなくて困るのではなくて、
写真はあるのに選べないで困るという、困った状況に・・・

結局、去年の今頃よりちょっとだけ前に撮った3ショット写真を使いました。
去年の今頃よりちょっとだけ前なら、そんなに前じゃないよね、ってことで。

そのにゃー写真選びをするために、比較的最近の写真を見ることになりました。
2006年とか2007年とかの写真を見返すのとは、やっぱり違う感覚。

これはちょうど1年前、去年の12月29日に撮影したものですが・・・

111228-1.jpg

まだこの頃は、まさかハナがあんなにも急激に衰弱していくとは思っていませんでしたが、
でも、ハナの体が大分痩せてきているのは分かります。
これでももう少し後の写真に比べれば、まだ骨感は少なめで毛艶もひどくはないけれど。

1年かそれくらい前の頃のハナの写真は、
私にとって、まだどこか凄く現実的な、生々しさが残っていて、
特に今年に入ってからの写真には、あの頃のずっしりと重さのある感覚がよみがえって、
なんとも、心の居場所がないような気持ちになります。
写真には残っているのに、今はいないって、こういうことなのか。

同じ日、去年の12月29日に撮ったユメの写真。

111228.jpg

このヒトは・・・なんでこんな般若なお顔なの、コワイワー。

だからと言って、別段落ち込んだ気分になっているわけではありません。

ハナがいないことはとても寂しいけれど、
ハナがいなくて寂しく思えているその瞬間は、
私にとってハナと、ハナだけと繋がっていられる瞬間のような気もして、
寂しいけれど嬉しい・・・嬉しいは違うけど、でも特別なんです。

出来上がった年賀状を見てヒデが
「やっぱりうちはいつまで経っても3匹だよね」
と言いました。

私は
「うーん・・・今年はそうだけど、来年はどうなるか分からないよ」
と答えました

来年の年賀状にハナの写真を入れるのか、それとももう入れないのか。

それは来年になってみないと分からないけれど、
ヒデの言葉に「そうだね」と答えなかったところが、
私の中で、人ふたりと猫2匹の生活が本当に日常になってきた、
そういうことなんだと思います。

年賀状を通して、またハナといっぱい繋がれました。



● COMMENT FORM ●

ハナちゃんの体にトキちゃんが顔をうずめているとっても微笑ましいお写真ですね~。
ユメちゃんは・・・家に貼ってあったら魔よけになりそう!欲しい^^

時は確実に流れていきますね。
それは本当に寂しいけれど・・・。
私たちの力ではどうにもできないこと。
今この時を精一杯生きるしかないんですよね。
今年はハナちゃんも年賀状に登場。
来年は来年できっと一番いい結論を出せるのだと思います。

↓の雪景色の記事。
寒いときの思い出って何故か格別に心に残りますよね。
私も、みいちゃんが宣告を受けた日、病院を出ると霧雨が降っていて暗くって、すごく悲しかった。
同じような天気の日がくると、きっとあの時の気持ちを鮮明に思い出すと思う。
でも、それでもいいと思う。
それは、みいちゃんを頑張って愛した日々だったから・・・。
愛がなければ、思い出しもしないよね。
だから、悲しいけれど、嬉しい。
そんな気持ち、私もあります。

トキちゃんハナちゃんに顔埋めて\(^o^)/
良い写真ですね♪
ユメちゃん・・・・あ~魔除けね^_^;
写真は私も別の意味で毎年悩みますね、
今は簡単に写真貼れるから余計に悩む^_^;

香さんへ

香さん
3にゃー揃っていた頃は、ちょいちょいある光景だったんですよね。
誰かが誰かに顔突っ込むって^^*
今トキユメでそれがあったら、もう奇跡ですね、トップニュースです!^^;
ユメ、怖いでしょ~(笑)
こういう顔をまだまだ仔猫ちゃんの頃からやってたんですから、筋金入りですよ。
魔よけに貼っときます?(笑)

Megiさんへ

Megiさん
ハナを亡くして間もなくの頃は、いろんな事が不安で仕方ありませんでした。
ハナと一緒に過ごした時間が、どんどん過去になっていくことが怖かった。
でも、その怖いと思える、感じる気持ちも、私はとても大好きでした。(ヘンタイ?^^;)
いつか、ハナといた確実な感覚が薄れていくことは、ちゃんと分かっていたから。
薄れるのってとても怖いのだけど、今は怖さはほとんどありません。
多分、慣れていっているのだと思います。
そういう風にできているものなんですよね、きっと。
だから、恐れる気持ちも、不安な気持ちも、なだめる気持ちも、柔らかい気持ちも、
全部全部、今の感覚を大切にしておこうと思っています。
ハナから教わったこと^^*
Megiさんも、たくさんの感情の渦巻きの中にいること、あるんだろうなと想像しています。
その都度その都度、Megiさんの中でベストな選択をしているのでしょうね。
悲しいも、愛しいも、全部ひっくるめて。
ホント、小さな命から教わったことが、どんなに大きなことかと思います。
大切に、大切に、繋げていきましょうね。Megiさん大好き♪

あっ!きた!3887!ハナ番だ!ホラね!やっぱりいつもそばにだ!^▽^*
あ~惜しいな~3187だったら「みい&ハナ」だったのに~。

シバヤンへ

シバヤン
別の意味で悩むんですか?別の意味?簡単だから余計に?
ナンだろ?デザインとか文面とか?
でもきっと今度の年賀状にも阪神タイガース色が必ずあると思うな~(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/572-f815a6d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命の売買 «  | BLOG TOP |  » 毛布上下

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。