2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナの薬

今日は、ハナが飲んでいたお薬を記録しておこうと思います。


まず、腎不全が判明してから飲み始めたのがこちら。

110605.jpg

球形吸着炭カプセル200mg「マイラン」

多い時には朝晩ゴハン時に3カプセルずつ、
その後、状態を見ながら2カプセル、1カプセルと量を減らしていきました。
全く飲まなかった時期も数ヶ月あります。

以前このお薬のことを書いた記事を見直してみると、シートの表示が違います。

091103-5.jpg 以前はこちら。
メルクメジンカプセル200mg

どうやら中身は同じで、名称が変わり、カプセルのサイズも1号大きくなっているようでした。

ハナの場合、ずっとゴハンにふりかけて服用してもらっていましたが、
ゴハンが食べられなくなってから、カプセルを丸呑みしてもらったことが数回あり、
そこを思うと「中身一緒なら別にカプセル大きくする必要ないじゃん」です。

110605-1.jpg
裏面

ハナが最後の日、猫様布団の中で水のような下痢をしていた時、
このお薬も一緒に出ていて、オシリにたくさん黒い粒々がついていました。
それを見て、ああ、お薬さんも、最後までハナのからだの中で
悪い毒を出すために働いてくれていたんだなあと、心の中で手を合わせました。


次に、低カリウム血症になって飲み始めたのがこちら。

110605-3.jpg

グルコンサンK錠2.5mEq

朝晩2分の1かけらずつ。
今年の2月末から飲み始めました。

飲み始めて1週間ぐらいして、ハナが吐いてそれが止まらなくなり
慌てて病院に連れて行き血液検査をすると、
腎機能の低下を示すクレアチニンと尿素窒素が非常に高い数値になっていて、
カリウムも基準値内にあったものの高い数値になっていたので、
一時服用をストップしました。

この検査結果は、数字だけを見ると
2009年秋、ハナの具合が悪くなり血液検査をして腎不全と分かった時に似ていて、
状態が落ち着いている時のハナのカリウムの数値は、どちらかというと低い方だったので
なんとなく、カリウムを摂取したことに原因があるような気がしていましたが、
カリウムの増減と腎機能の低下には、医学上因果関係は見られないと説明してもらい、
その後、腎臓が落ち着いてきてからは、また投薬再開しました。

このカリウムさんで、初めてハナの口をこじあけて薬を投げ込む手法に出ました。
あの時は本当に心底怖かったなあ~。

ハナは不快なことがあると素直に噛み付くタイプなので、この時も、
口をこじ開けているその手を噛まれて穴が開くんじゃないかと、
そりゃもう清水の舞台から飛び降りる勇気を持ってトライしたのを覚えています。
あの恐怖心と、飲ませられた後の達成感、安堵感・・・


そして最後に、腸炎または腫瘍の疑いが出て飲み始めたのがこちら。

110605-2.jpg

プレドニン錠5mg

いわゆるステロイドです。1日1個半。
今年の4月半ばから飲み始めました。

ステロイドというと、皮膚炎に用いられることだけは知っていましたが、
抗炎症作用があって、副作用に食欲増進があるというのは初めて知りました。
確かに、飲み始めてすぐ、ハナの食欲は戻ってきたんですよね。
残念ながらその副作用も、長くは続いてくれませんでしたが・・・



以上が、ハナが服用してきたお薬です。

人間と同じ物を、人間でもうんざりするぐらいの量、
ハナは嫌がりながらがんばって飲み続けてくれました。

でも、衰弱してゴハンも食べられなくなっているのにお薬を飲むことは、
ハナにとっても私にとっても、非常に大きな苦痛を伴いました。
もうお薬やめたいと何度も思いましたが、私からその決断をする勇気は持てず、
結局息を引き取る前日の朝まで、ハナにはお薬を飲んでもらいました。

どうするのが良かったなんて、きっと誰にも分からないです。

お薬の服用に関しては、獣医さんにその都度とても丁寧に説明してもらったし、
こちらも反理系脳なりにネットでいろいろ調べてみたし、
服用経験のあるお友達から体験談など聞かせてもらっていたので、
その点では、しっかり納得して使用できました。

その中でも忘れられないのは、獣医さんの
「どの薬にも副作用はありますが、今は副作用の心配をするよりも
 その薬の効果に期待する方がずっと大きいと思います」
という言葉でした。
今後、自分たちも含めて、薬と付き合う際のひとつの指針になると思います。

ハナには、本当にいろんなことを学ばせてもらいました。



参考サイト■ おくすり110番


● COMMENT FORM ●

ハナちゃんお薬我慢して飲んでたんですね、
薬って飲ますの大変なの皆さん経験して知ってるからね。
本当それ考えるとアキさんもハナちゃんも大したもんです(^-^)
でもしっかり記録してるの偉いな~・・・
ワンの避妊した時、薬飲ませるの3日で断念した^_^;

8711、今日はハナ(ちゃん)良い~でした。

アキさん、ありがとう。

みんな色んな思いで、道を歩んできているんですよね。

ハナちゃんえらかったね!

シバヤンへ

シバヤン
動物は薬を理解していないから、やっぱり嫌がりますよね。
最初に錠剤を出された時は、正直「ヤバイ」と思いました。
ちゃんと飲ませられるかどうか自信がなかったんですよね~。
毎日のことだったから、そのうち投薬自体は難しくなくなったんですけど、
やっぱりハナがすごく嫌がるのを「ゴメンねゴメンね」って言いながら
無理やり飲み込んでもらっていたから、それは辛かったです。
でもハナはもっと辛かっただろうから。。。
記録に残したのは、いろいろ役に立つこともあるかな~と思って。
あと、ハナのことは何でも知っておきたいんです。今でも。
こうやって記事にしてみても、本当にハナよく頑張ってくれたと思います。

いいなあ~87番!シバヤン私よりずっと確率高い~。

香さんへ

香さん
香さんとこはうちよりお薬の種類が多いから、
香さんと猫ちゃんのことを思うと、本当に切なくなります。。。
難しいですよね・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/382-b0f6471d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

強化合宿 «  | BLOG TOP |  » ハナの切手

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。