2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除特にトイレ

ハナがいなくなって変わった大きなことのひとつに、
掃除が簡単になったというのがあります。

どれぐらい簡単になったかと言うと、
つい「掃除しなくてもいいんじゃない?」と思ってしまいそうになるぐらいです。
ヒデは猫アレルギー、私はハウスダストアレルギーを持っていて、
掃除をしないと全部自分たちに跳ね返ってくるので、毎日掃除はしていますが、
とにかく作業が楽ちんになりました。

特に、トイレ。

110522.jpg
このドアは猫様トイレ部屋の入り口です。納戸を猫様トイレ部屋にしています。


ハナは腎不全だったので、腎不全の代表的な症状である多飲多尿のせいで
おしっこをたくさんしていたということもあり、トキユメのふたりになって、
猫砂の減り方が「大丈夫?」っていうぐらい少なくなっています。

しかもハナは、いつもトイレのふちに向かっておしっこをしていたので、
ふちにひっかかった分、おしっこが猫砂に吸収乾燥されにくく、
サクサクコロッという掃除ではなく、ジャクジャクメシッという、
なんだか文章にしていてもああもうハーちゃん、
おしっこはトイレの真ん中でしてって何度言ったら、はあ~・・・。

その上、ハナはトイレから出る時、とても景気よく猫砂をお持ち帰りになられていたようで、
トイレの周りおよび室内がしょっちゅう猫砂祭りになっていました。
おかげで爺とパパラッチは、日々せっせと猫砂回収に東奔西走。
ハナがいなくなって猫砂の室内飛散率が8割減になったことからも、
猫砂祭りの実行委員長がハナであったことは、間違いないと思われます。

それ以外の掃除も、随分手軽にやれるようになりました。

110522-1.jpg
ドアは、猫様おひとり様が通れるスペース分をいつも開けています。


トキユメはブラッシングがそれはそれはイヤで、やればヌルリと逃げていくのですが、
ハナは、ブラッシング大好き、グルーミングも好きだしマッサージもいいわよで、
トキユメに比べれば、毛並みのお手入れはなんだかんだ出来ている方だったにも関わらず、
猫砂同様、毛を室内に撒き散らす天才だったみたいで、短毛種なのに、
そりゃもうあっちこっちにモサモサふわふわと、真っ白い毛が・・・

トキがハナにちょっかい出そうものなら、
「ぐわぎゃあ~~~!!!」という雄叫びと共に、まだ何もされていないのに
毛が「もさもさもさもさあ~~~~!!!」と抜けまくっていました。
それがまた、室内をよく舞うんですよ、ふわふわはらはらと。

トキユメによる流血まがいの大立ち回りで抜ける彼らふたり分の毛と、
ちょっかい出されただけで勝手に放出するハナの毛の量は、同じぐらい。
よく禿げなかったもんだなあ。

なので今は、掃除機かけもちゃちゃちゃ~すいすい~です。

110522-2.jpg


もちろん、掃除が楽になったことや猫砂の減りが少ないことは助かるのですが、
でも今は、まだそれが、今までの当たり前ではないことなので、
掃除の楽さを感じる一方、猫砂の減りの少なさを感じる一方、
ハナがいなくなったことも強く実感させられ、心が小さくなります。

ハナの名誉のために。

ハナ、何度も言ってもトイレのふちにオシリを向けておしっこするアウトローでしたが、
あんなに具合悪くて、歩くのも真っ直ぐ歩けずふらふらしていた時でさえ、
おしっこもうんちも、トイレ部屋までがんばって行ってしていました。
最後のうんちをした、旅立った日ですら。
祭りは好きだけど、エチケットの守れる立派な大人でした。

そういえば、トキユメのケンカにも体力ギリギリまで首突っ込んでたなあ。
そうか、ハナは祭好きのお祭り男だったのか。

ヒデに、ハナがいなくなってから抜け毛も猫砂も少なくって
お部屋の掃除がすっごい楽になったんだよねと話をしたら、ひとこと、

「存在感のあるヒトだったんだね」

そだね。



● COMMENT FORM ●

ハナちゃん最後まできちんと!
偉いな~私でも無理なような気がする^_^;

毛は今は特に凄いよね、ワンニャンの毛が入り乱れて(笑)
部屋のすみっこに固まって有ったり^_^;
ヒデさん猫アレルギーで大変やな~
アキさんもダストアレルギーですか、掃除はかかせないね・・・

シバヤンへ

シバヤン
そうなんです~エライでしょ~、私も感心しました。
シバヤン、そんなリアルな老後の心配はやめてくださいよ~^^;
こちらはまだ肌寒い日も多いので、まだ抜け毛は全然凄くないですよ。
シバヤンちはうちの3倍の数のワンニャンがいるから、大変でしょう。
うちは我が家のお部屋を、「とにかく掃除がしやすい仕様」にしているけど、
やっぱりハナがいた時はどこからともなくフワフワフワ~でした。
毛質によって散乱の仕方が違うんですね~^^

アキさん、こんばんは。
私大きな間違いをしてました!ハナちゃん男の子だったんですね!?
ゴメンナサイ!
立派なハナちゃんだよー。

香さんへ

香さん
まず「ハナ」と聞いて「男の子」と思う人は誰もいないでしょう。(笑)
こちらこそ紛らわしくてゴメンナサイ!^^;
ハナをもらう時、「女の子ですよ~」って言われてたんです。
で、小さい頃は顔の半分が目で、少女漫画みたいなキラキラお星様も輝いていたので、
こっちも何の疑いもなく「ハナちゃ~ん♪」って呼んでいたんですけど、
しばらくして、おまたの間に小さなふたつのマルマルが・・・
「オスだよー!」「でももう名前替えられないよ~」「ハナでいいかー」
ということなのでした^^;
実は、初めて一緒に暮らした「モモ」も、同じパターンだったんですよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/364-98bf4ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

動物病院へ «  | BLOG TOP |  » 心から

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。