2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月14日朝のこと

5月14日の朝、
起きて1番に猫様部屋に行くと、ハナがパソコンの椅子の下でグッタリしていました。
いままで、そんなところにいたことないのに。

ハナは、私に気付くと、一生懸命大きな声で泣き始めました。

急いでそばに行って抱き上げると、椅子の上にはトキが休んでいました。
キャットタワーのベッドではユメ。
そうか・・・誰かのそばにいたかったんだね・・・
でも、ユメはハナの行くことができない高いところにいるし、
トキのいる椅子の上にだって当然上がれないし、
だから、少しでも近くにいたくて、トキのいる椅子の下にいたんだね・・・

泣くハナをなだめながら、優しく優しく、なでてあげました。

110516.jpg

しばらく泣いていましたが、落ち着いてきたのか、ハナ、ゴロゴロ言い始めました。
ハナのこんなに豊かなゴロゴロを聞いたのも、随分久しぶりです。
あんなにしんどそうに懸命に泣いていたので、久しぶりの嬉しさというより、
ハナが落ち着いてくれた様子に、私も少し心が落ち着きました。

110516-1.jpg

すぐにハナのそばに行ったので、まだ猫様トイレの掃除をしていませんでしたが、
ハナのそばに行く途中のぞいたトイレ部屋には、トイレの中とトイレマットの上にウンチ。

でもまさかハナじゃないよなあ、なんて思っていたのですが、
前の日の夜、トイレに行きたくてふらふらしながらも頑張って行って
ポーズを取るけど出ないという状態があったし、
もうゴハンを自分で食べることは出来ていなかったけど、
お薬ゴハンでウェットを1日に少しとはいえ体の中に入れていて
その体に入れたゴハンの行方が、ここ数日気になっていました。

110516-2.jpg

何気なくハナのオシリを見たら、なんとウンチがついているではありませんか。

ハナちゃん!ウンチしたんだ!ウンチ出たんだ!

つらかったねえ、しんどかったでしょう。
昨日の夜、あれからまたがんばったの?一生懸命がんばったんでしょう?
ウンチにいっぱい力使ったから、だからすごく疲れていたんだね。
ああ、でも出せてよかった。少しはお腹気持ちよくなった?
ああ、でも本当に疲れたんだね、しんどかったんだね・・・

そのままにしておくのがかわいそうな気がしたので、
ハナは私が離れるとまたすごく泣いてしまうのですが、
「いるよ、いるよ、今お湯を用意しているからね、大丈夫、ここにいるよ」
と声を掛け続けながら、お湯と布を用意して、ハナのオシリを拭かせてもらいました。

110516-3.jpg

トイレマットの上には、
ギュッと詰まった、しばらく腸内に留まっていたようなウンチが3つほどあって、
ウンチの場所とその近くの2ヶ所に、オシリをこすったような跡がありました。
ハナが必死でなんとかウンチをしようとしていたのが痛いほど伝わってきて、
もう体力がないのに、どれだけしんどかっただろう、どれだけがんばっただろうと、
小さなハナをいとおしくいとおしく思いました。

110516-4.jpg

それからもずっと私はパジャマのままハナをだっこしていて、
ハナはずっと私のお膝の上でゴロゴロ言っていて、
あんなにしんどくてつらそうだったのに、こんなに穏やかに落ち着いて、
できれば私は、このままここでこうしてあげていたかったです。
仕事に行きたくなかった。

でも、ヒデも朝早くから頑張って仕事に出てくれているし、行かないわけには行かないし、
だから今日はもうお部屋の掃除も洗濯もしないで、
時間ギリギリまでハナのそばにいて、少しでも落ち着いてもらうことにしました。
洗濯なんて、途中休憩の時に帰ってきて、そこでやればいい。
今1番なのは、ハナのそばにいてあげること。

110516-5.jpg

ハナは、まるで赤ちゃんのように、私のもとで休んでいました。
本当に赤ちゃんのようでした。

ハナは、誰よりも抱っこされることがキライなのです。

抱っこが許されていたのは、ヒデがマッサージする時と、寒くて暖を取りたい時。
それもいわゆる「抱っこ」ではなく、膝の上に座っているだけで、
ギューしたりクシャミでもしようものなら、不快感あらわにすぐ飛び降りていました。

そんなハナが、まるで赤ちゃんのように私の膝で休んでいるのです。
私になでられて、ゴロゴロ、ゴロゴロ。
これ以上ない安心感を体全体で表して、ハナは赤ちゃんのようでした。

1時間半近くそうしていたでしょうか。

トキが椅子から降りて、猫様マットの上に移動してきました。
私も仕事へ行く準備のタイムリミットギリギリです。
ハナをそ~っと猫様マットのトキの横に横たえてると、
ハナ、泣かずにそこにいてくれました。

やっぱり誰かのそばにいたいんだ。
誰かのそばにいられれば、ハナは少しでも安心なんだ。

110516-6.jpg

さあ、本当に仕事へ行く準備をしなきゃ。

● COMMENT FORM ●

ハナちゃん皆が寝てる時頑張ったんですね!
それで凄く疲れて不安になったのかな?
アキさんの膝の上でゴロゴロ言ってるハナちゃん想像♪
凄く安心してリラックスしてたんでしょうね~

シバヤンへ

シバヤン
みんなが寝ている間か、ヒデが仕事に出て私が起きるまでの間か、
その辺りはちょっと不明なんですが、
ひとりでしんどいのをがんばっていたんだろうなと思うと、涙が止まりません。。。
もっと早く気付いてそばにいてあげられたらって・・・
少しでも安心する時間を持ってもらえてたのなら、せめてもの救いです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://itsumosobani.blog96.fc2.com/tb.php/359-a1cb247c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5月14日昼のこと «  | BLOG TOP |  » 門出の日

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。