2012-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満室です

猫様マンション。

121231.jpg

「あの猫、ボクのばしょにいる・・・」

121231-1.jpg

「スミマセン、しらないヒトがボクのへやつかってるんですけど」

ごめんなさいね~先着順だから~。

121231-2.jpg

「そんな・・・せんちゃくじゅんって・・・」

121231-3.jpg

「あそこはボクのばしょなのに・・・」

ごめんなさいね~、一応自由競争っていうことになってるんで~。
あ、でも、コチラは1番広いお部屋となっていますよ。

121231-4.jpg

「ひろさのもんだいじゃないんだけどなあ・・・」

121231-5.jpg

「ハッ・・・!」

121231-6.jpg

「ちょっと、ボクのこと、みてました?ボクのばしょからボクのことみてました?」

「・・・・・・」

121231-7.jpg

「ひろさのもんだいじゃないんだよ・・・」


ということで、猫様マンション空き部屋ありと言った途端、満室になりました。

「見て見て、猫マンション!」
ヒデが嬉しそうに話してくるのでナニゴトかと思ったら、
あら、珍しい、満室じゃございませんか。

「ナニ?元からこうなってたの?トキあそこに入ったの?」
「そうそう、トッちゃんがあそこにいて、箱が少し浮いてたから押さえて上げて」
どういう風の吹き回しか、トキ、またVIPルームを使い始めました。
猫様マンションにしろ立ちションにしろ、ホント突然復活することがあるので
トキは何考えているのかよく分かりません。


さて、今年も今日でおしまいです。
去年はハナの旅立ちという、我が家にはとても大きな出来事がありました。
そして今年も、大きな出来事がありました。

121231-11.jpg

フクが家族になったこと。

札幌市の動物管理センターにフクを迎えに行った時のこと、
今でも、その時の光景や感情がハッキリと記憶に残っています。
2月12日は、とても特別な日で、とても疲れた日でもありました。

フクが想像していた以上におりこうさんで、とってもイイコで、人懐こくて、
ヒデはフクに本当にメロメロです。
私も、「カワイイなあ・・・」とこんなにもしみじみ思う猫は初めてです。
初代愛猫モモにも、ハナにも、トキユメにもなかった可愛さがフクにはあるのです。

きっとこの先、冬を迎える度に、
飢えと寒さに耐えながら極寒の中で生きてきた、保護されるまでのフクを想像して、
胸が潰されそうになると思います。これは言葉にするのも難しいくらい痛い感情です。
でもその辛さはヒデと私の中だけのことで、
そんなこと忘れて、フクは、フクらしく、うちで自由に暮らしてくれると思います。

フクちゃん、うちに来てくれて本当にありがとう。

121231-10.jpg

あ~ブレた!

ユメは、フクが来る直前に爪がはがれて、エリザベスカラーを3週間装着していました。
パラボラアンテナつけたユメは、ちょっとだけしおらしくていじらしかったけど、
アンテナ外れた途端にフクを攻撃して、イジワルジイサン満開でした。
でも、3週間、頑張ったのはとてもえらかったです。
いつも褒められるところがないので、ここくらいは褒めてあげないとね。

あと、私がトキのマーキングのストレスで感情が爆発してしまった時、
ユメは、私のことを気遣って、多分、気遣って、そっと手に顔を寄せてくれたのですが、
私は感情のままそれを振り払って、・・・あの時はそれがトキだと思ったんです、
ちょっと驚いたユメを見て、ものすごい罪悪感に打ちのめされたこともありました。
ユメ、本当にイジワルジイサンなんですが、
でも、あの時のユメもユメの本当の姿で、そういう一面もあるんだっていうことを、
私はユメへの希望としてずっと持っていくつもりです。
あれ以来そんな様子をミジンコたりとも見たことはないんですけどね~。

121231-9.jpg

そしてトキ。

トキには、本当に、今年とても苦労させられました。
トキに苦労した最大の理由はフクが家族になったことで、それを選択したのは自分だから
トキを攻めたりは絶対できないしもちろんしないんですが、
でも、本当に苦労させられました。ちょっとトキを嫌いになりそうにもなりました。

マーキングをやられる辛さは、やられた人にしか絶対分からないと思います。
そしてその程度によって、こちらが受けるストレスも大きく変わってくると思います。
うちは相当酷い方だったと思います。

ありとあらゆる物にスプレーされ、片付けしているそのすぐ側でまたやられ、
対策をしてもいたちごっこで、臭いもきついし、片付けも時間がかかるし、疲れるし、
本当に、ノイローゼになりそうでした。

何ヶ月もかけて、やっと最近、やる場所がほぼ限定されて、
それもスプレーではなく、マーキング時代の名残で立ちションが習慣化したのかも・・・
というようなもので、トキ専用トイレでちゃんとオシッコしてくれるようにもなって、
この先どうなるのかは分からないけれど、でも、もう大丈夫です。

そして、肝臓がちょっと具合悪そうな様子を見せてお薬ライフに入りましたが、
おかげ様でいたって元気、よく食べよく寝てよくわめきよく甘え、毛もツヤツヤで、
フクにちょっかい出されて追いかけられてフンガと怒って、トキも自由です。


トキユメフクも、毎日、少お~~~~しずつですが、
それぞれがそれぞれらしく行動できる環境を作っているようです。
3匹で。
それが、私は嬉しかったりします。
この先、トキユメフクがどういう関係を見せてくれるのか、楽しみです。

今年も1年、私たちを支えてくれて本当にありがとうございました。
来年も、トキ、ユメ、フク、そしてハナと、ヒデにアキも、
どうぞどうぞ、よろしくお願いします。

121231-8.jpg

良いお年を!


スポンサーサイト

入居状況

空き部屋、あります。

121229.jpg

入居条件、3kg未満、単身者向け。

トキ、お肉がついてきたので、もう入れません。
入れなくはないけれど、ヤドカリみたいになります。

ユメはどこにいるかというと、

121229-1.jpg

高級猫様羽毛布団の中です。

この布団は、落ちないように使わなくなったコードで縛っています。
紐だとユメが食べてしまうのです。
コードならさすがに食べないので安心です。
コードなら食べないと言いましたが、昔、携帯電話の充電器のコードをかじられました。
ポイントは細さです。
一般的な延長コードぐらいの太さなら食べない。大丈夫。

121229-2.jpg

「あの猫がこのばしょにいるから・・・ここボクのばしょなのに」

そう、ユメが猫様布団に潜っていれば、ここにフクが来ることができます。
だけど、最近、ユメがあの場所にいるのです。
これまでは、トキが天蓋付きVIPルームにいたので満室を保てていましたが、
とにかくあの部屋は3kg未満なので。

121229-3.jpg

「あの猫があそこにずっといればいいんだよ」

最近の時の定位置はこの場所で、
ユメが向こう隣の場所で可愛らしく寝てたり、・・・寝てる姿は本当に可愛いんです、
起きてフクの行動を監視していたり、
そうなると、フクは自分の居場所がなくて、でもあの場所は自分の場所なのに、と、
なんだかイジイジした様子を見せて、でも、仕方ないよね~。

121229-4.jpg

「しかたなくなんてないですよ、ここボクのばしょですから」

だから、ユメが猫様布団に潜り込んでくれると、本当に助かります。
できればフクも、あったかマットの上で過ごしてほしいから。
フクベッドもとっても居心地いいし暖かいと思うけど、
やっぱり電気の力は大きいですよ。あったかマット、あったかいです。

あと、これはこっちの気持ちとして、できれば私たちがいない間でも、
ひとりで寝室ことフクルームにいるより、トキユメと一緒の部屋にいてほしいな~と。
フクはひとりでも平気だと思うけど、でもね、なんかね。

猫には無用の親心ってやつです。

まるまる

サラダ温めてま~す。

121228.jpg

ユメ、おおあくび。

121228-1.jpg

あっちとこっちで丸くなって。

同じ丸でも、フクの方がまるまるしています。
ユメはジイチャンらしくちょっと骨のラインが出てきています。

121228-2.jpg

「ジイチャン言うなー!!!」

「コワイ・・・」



トキの病院

昨日、月曜日、トキと動物病院へ行ってきました。
あ、ヒデも一緒に。

121225.jpg

ピントは、ネームタグと鈴とお守りの天然石チャーム。
なんかすごくオシャレさんみたいだよ。

体重は3,3kgまで戻ってきました。
抱っこすると、肉の重さを感じます。フクには負けるけど。

7日の日に預けておいたオシッコの検査結果、問題なし。
問診、触診、聴診、それぞれ異常見受けられず。
時々吐くことがあるのだけど、様子見レベル。
甲状腺亢進症かと思った数々の気になる行動もすっかり落ち着いて、
多飲多尿も、一時期よりもその頻度は少なくなってきた様子を獣医さんに伝えて、
このまま、肝臓のお薬と食餌療法を継続し、
2ヵ月後、来年2月の終わりに、もう1度血液検査をすることになりました。

簡単な診察でよかったね、トッちゃん。

121225-1.jpg

トキ、最近オシッコも上手です。
ちゃんとトキ専用のトイレシートを敷いたトイレでオシッコしてくれます。
うんちは、長年使っていた赤い猫砂トイレでしています。
なんでオシッコはそこじゃダメなのか分かりませんが、
それでも、ドアに向かっての立ちション回数はグンと減ってきて、
もうそれだけで充分バンザイです。

ただ、いつどこに思い出したかのように粗相をするか分からないので、
期待はし過ぎず、
期待はし過ぎないけど、オシッコ上手にしてくれたね~といっぱい褒めて。
褒めて伸ばしてみようかな、と。
トキがそういうタイプかどうかは分からないけど。

121225-2.jpg

あら、抱っこで写真撮影、ちょっとイヤだった?
さりげなく耳が・・・


ストーカー

フク、トキをストーキング中。

121219.jpg

フクはトキと遊びたくて、最近しょっちゅうちょっかいを出しては、
トキに非常にめんどくさがられています。

最初の出会いがね~・・・

フクがうちに来て間もない頃、初のご対面の時、
トキがフレンドリーにフクに近寄っていったら、
フク、まだ何にも慣れていなかったから、トキのこと拒否しちゃったんだよね。
それでトッちゃん、傷ついちゃったんだよ。

それ以来、気付けばトキの激しいマーキングが始まっていましたが、
今はもう、トキのマーキングの理由はそこじゃないと思います。
というか、マーキングじゃないよもうあれは、立ちションだよ。
オッサンいいかげんトイレでやってよ。
やる時はチャンとやってるじゃん。いつもちゃんとやろうよ。

121219-1.jpg

「ぶへえ~~~~」

・・・こんにゃろ~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。