2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負

美川憲一大会。

120531.jpg

「アンタなに見てんのよ」

120531-1.jpg

「あ、あんた、なに見て、みて・・・」

ユメの勝ち。

120531-2.jpg

「当然」


スポンサーサイト

ゆっくり軽く

雑多ブログに書いたように、ちょっと体調を崩した瞬間がありまして、
ゆっくりついでに1週間ほどパソコンから離れていました。

こちらに書く予定の話題は、その1週間で山ほど貯まりました。
が、とりあえず今日は、この1週間のみなさんの様子を軽く。

120530.jpg

フク。
ユメにガジガジ食いちぎられてしまった首輪を新調。
月曜から生活拠点を猫様部屋から私たちの寝室に移して1人っ子気分。

120530-1.jpg

ユメ。
相変わらずフクを見かけると攻撃したくてたまらない病。
それさえなければ、基本フツーにイイコだったりするかもしれない今日この頃。

120530-2.jpg

トキ。
マーキングの旅はどこまでも続く。
ナニを考えているのか1番分からないお方。
特に今日はマーキング祭り開催中の模様。
もう慣れたもんね。

かえって話題が貯まれば貯まるほど、記事にするのにヨイショと気合が必要にもなりますが、
ボチボチ、だからボチボチとか言ってると永遠に埋もれかねないのですが、
ヨチヨチと復活してまいりますので、またお付き合いよろしくお願いします。


よれよれ

この方のマーキングが止まりません。

120522.jpg

一時期少し落ち着いたのですが、
ここ数日、回数も増えた上に新たな場所にスプレーするようになって、
ちょっとこちらの気持ちが萎える方に向いています。

動物病院でも相談したり、
インターネットという便利な道具を使って、マーキングあれこれ読んでみたり。

まあ・・・

しつけのなっていない犬は、犬が悪いんじゃなくて飼い主が悪いという、
それと同じで、こうなった原因は明らかにこちらサイドにあると思われるので、
もちろんトキを責めたり怒ったりすることはありませんが、
気持ちが疲れないといえばウソになります。

がしかし、トキにも思うところあってのマーキングだとすれば、
トキも気持ちが休まらないんでしょ、よく分からないけど、
みたいに考えて、
その原因を作ったであろう自分が疲れたなんて言うのは図々しいなどと思ってしまい、
まあなんと言いますか、
今みんな、ちょっとよれよれしてるのかねえなんてね、気持ちが。

120522-1.jpg

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

心頭滅却しよ?

あとは、フクに完全別室ライフをお願いするか、だなあ・・・


あたま

ちょっと気分が落ち込んで、うちでうっぎゃーと泣いてみました。

そしたら、それまで椅子に座ってくつろいでいたユメが、
「ホレ、頭なでれ」
と、私の側にきて頭を差し出してくれました。

ありがとうねと言いながら、うえうえ泣きながらユメの頭をなでさせてもらいました。
なでていたら落ち着いて、泣き止んでもう1回ありがとうねと言うと、
ユメはまた椅子に戻って元の通りにくつろいでいました。

ユメ、いつの間にそんなことができるようになったのさ。

120521.jpg

「男は黙って背中で語る」

初代愛猫モモ(♂)は、私が泣いているといつも側に来て
落ち着くまでずっと一緒に座ってくれていました。

でもハナトキユメは私が泣いたりすると、シラ~ンと他人を装ってばかりで、
私も「いいよもうみんな勝手に泣くよ!」という感じだったので、
今回のこのユメの行動には、本当にビックリしたし、本当になぐさめてもらいました。

ユメ、ありがとね。

ちなみに、落ち込んでいたのはただの気分の問題です。
基本元気丸出しな私なのですが、たまにガクーンと穴に落ちることもあるのです。
そんなときは寝て朝になったら治ります。
単純です。


ユメ診断

2日前の記事にも書いたように、この前の月曜日、トキユメを動物病院へ連れて行きました。
年に1度の健康診断です。

まずはユメ編。

120519.jpg

「ナンヤワレ」

体重は4.26kg。1年前の4・48kgより少し減っていますが、問題ナシの範囲内。
問診、触診、聴診、血液検査の結果、これらも全て問題ナシでした。
日頃の行いの悪さという検査項目があれば、間違いなく引っかかったでしょうが、
現在の動物の医学では、そこまでの検査の技術は進んでいないようです。
きっとこの先も進むことはないでしょう。
ユメ、命拾いしたね。

血液検査の結果。

120519-2.jpg

キレイに基準値内に収まっていると、見ているだけで嬉しくなります。

去年の健康診断は7月18日
この時の記事に、その更に1年前の分もあわせて血液検査の結果を載せていますが、
本当にユメの血はいつもいいあんばいでございます。
日頃の行いもこれぐらいいいあんばいだといいんだけど。

でも最近は、ちょっとだけイイコみたいになってきたっぽい感じが無きにしも非ずかもだよね。

とりあえず、フクへの攻撃は、フクの毛が抜ける程度になってきた。
以前は返り討ちにあって自分が流血していたんだよね。あれはお間抜けだったよね。
トキへの追っかけはほとんどなくなったよね。
異食症もかなり落ち着いてきたし、あとは爪切りをもっと和やかにさせてもらえれば。

120519-1.jpg

「そうでしょ~ボクイイコでしょ~」

今回はトキユメ連れてだったので、ヒデも一緒に行きました。ほぼ家族総出。
そしたらヒデ、診察台でブルッブルに震えまくるユメを見て
「オマエビビリだなあー!オマエ本当にビビリだなあー!」
と、ここぞとばかりにユメのプライドをズッタズタに傷つける言葉を連発していました。

私は動物病院でのブルッブルのユメはいつも見ていて知っているので、
今回も、例によって例のごとく程度にしか感じていなかったのですが、
それを知らず、うちでの乱暴狼藉ユメのみインプットされていたヒデは、
あのブルッブルっぷりが相当フレッシュだったようです。

「ユメが大声でわめいたりやたら乱暴なのは、小心者だからこそなんだろうな」
弱い犬ほどよく吼えるという言葉を聞きますが、
そうね、もしかしたらユメにもそれは当てはまるのかもしれないねえ。
実際、ユメには他のコにはない神経質な面が、あるといえばあったりします。
まあ、これもこのコの個性だね。ビビリ個性。

そんなビビリちゃん、ブルッブル震えながらも、大人しく検査は受けてくれました。
獣医さんやオネエサンにも「エライねえ」「イイコだねえ」
そしてその後はキャリーの中でこっちにオシリ向けて「かまわないでくれる?」
かわいーのー。

さあ、次はまた来年って感じになるといいね。
むしろキミの場合は病気よりもケガの方が心配だよ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。