2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルーミングチェック

ハナトキ、グルーミングタイム。
110228.jpg

「トキ、ちゃんとやってるか?」
110228-1.jpg

「ヨシヨシ」
110228-2.jpg

まだまだ続く、グルーミングタイム。
110228-3.jpg

「トキ、ちゃんとやってるか?」
110228-4.jpg

「ヨシヨシ」
110228-5.jpg

ハナ、少~し手足が強くなった印象があります。
「ゆっくりよたよた歩き」が「ゆっくりちょいよた歩き」ぐらいになって、
お薬を飲む時の抵抗も今日のはかなり強くって、
そろそろお爪チョンしないと、私がかなりデンジャラスです。

表情も、具合が悪くてキツイ顔から「なんじゃいワレ」のヤンキー顔に。
毛並みもフワフワ感が戻ってきました。
でも気付いたらケバケバしていることもあり、このヘンがビミョーなところ。
ヒデのオシリトントンへのダメ出しも、鋭さが増してきました。

トイレ回数が少なくなっていて、そこがどうしても気がかりですが、
いろいろ調べていても逆に考えがまとまらなくなったりするので、
今度の金曜日、薬を貰いに行ったとき獣医さんに聞いてみます。

ここ数日の中では、今日が1番行動的に見えます。
うん。

うん。

そうそう。
今日はしっかりゴロゴロ、ハナの場合正しくはバリバリなんですが、
私がオシリト~ント~ンやっていると、バリバリ言ってくれました。

こういう時って、そんななんでもないことがなにより嬉しいのね。

スポンサーサイト

今日のハナちん

ハナちゃん、ぶひー。
110227.jpg

今日は、朝ゴハンも夜ゴハンも完食。
錠剤の薬は、もがいてあがいてペッてして、でも頑張って飲み込んでくれました。
やけくそのように、ごほうびのアイスを平らげて。
でもアイスはほんのちょっとだけ。食べすぎは、やっぱり良くないからね。
お水を飲む回数が、少し減っている感じがあります。

足のふらふら、あります。
ふらふらしていなくても、足腰弱った印象を受けます。
ガラスのドアに向かってノビノビする時、左手がちょっと弱いです。

110227-1.jpg

これは気にしすぎの部分かもしれないけれど、
座ったり横になっている時、少し首がうなだれている気がしています。
今までのように、室内物干台の脚を枕にしているというよりは
頭を支える為にそこに置いているんじゃないかと。
私の気にしすぎかもしれません。

以前より明らかに減ったのが、ゴロゴロ。

ハナは結構むやみやたらにゴロゴロ音を出していましたが、
少なくともここ数日、私は聞いていません。
オシリトントンの時に言っているとヒデは言うのですが、
それでも少なくなったよねと、共通認識。
具合、悪いのかな。

表情も、厳しい顔つきが続いています。
うん、うん、キビシイんだね。

110227-2.jpg

あ、今お水飲んでくれてる。
ぴちぴちぴちぴち、うん、いい音だ。

まずは、ハナの眉間のシワがうすくなりますように。
そんで、とんがりおめめがま~るくなりますように。


追記・・・
ハナ、やっぱり左手が弱くなっているようです。
歩いている時にびっこを引いているのが、左手がよたっとしているからなのです。
再来週の金曜日、電解質の検査に行きます。
早く行きたいなあ。ハナは1日たりと行きたくはないだろうけど。

今日のハナと低カリウム血症

最近の、ハナの定位置のひとつ。
110226.jpg

ヒデの足元、ここでオシリトントンをしてもらいます。
というより、ヒデにオシリトントンをさせます。
気に入らなければ文句いいます。やらなくても文句いいます。

さて、昨日からちょろちょろ調べている低カリウム血症のこと。

最近、パソコンの画面に集中すると体調がどんよりして
なかなか情報収集が進まないし頭も回転しないのですが、
ざっくばらんに私が理解したことと、現在のハナの状態を。

と書いてからまたいろいろ調べていたら、頭がぼわぼわしてきてまとまりません。
よく理解せずにいる部分もあると思いますが、勉強はこれからこれから。

低カリウム血症は、昨日も書いたように筋力低下が起こるそうです。
猫の場合、頭が下がった状態になるとか、ふらふらするとか。

ハナ、頭は大丈夫そうですが、ふらふらしてます。

これは今思えばという話だし、今その話をしても仕方ないのを承知で話すと、
ハナは昔から、トキユメに比べると運動神経の鈍いところがありました。

トキユメのように高い所までは飛び上がれないし、
走る時もジタバタとまとまりのないどんくさい走り方、
抱っこしてもくた~っとして、くた~っとした状態でぼてっと床に降りたり、
トキユメに限定せず、猫の中でも運動神経が鈍い方かも。
そんなところがまたハナらしくて可愛かったんですけどね。

そこが、ハナのいろいろを見落としてしまった原因のひとつかな、と。

明らかに具合が悪いと見て取れたのが一昨日。
その一昨日と、昨日、そして今日、ハナのふらつきがとても気になっています。
「ハーちゃん、こんなにふらついてたっけ?」

毛並みが一時期より荒れてきているような気はしていました。
ただそれも、ヒデと私の感覚が一致せず見送ってきていたところがあります。
一致しなかったひとつの理由に、やっぱりトキユメに比べると
もともとハナは、けばった毛並みの持ち主だと認識していた、というのがあります。

でも、もしかしたら、
いや、やめよ。
たらればの話はひとつも前向きなところがなくて好きじゃないです。

ハナ、とりあえずトイレはしてくれていたようです。
ゴハンは、朝は1粒残し夜は完食、新しい薬もプチ格闘の末飲んでくれました。
ごほうびのアイスは、昨日よりも吸い付く勢いで。

ただ、表情がちょっとキツイ感じです。
具合が良くない時の顔。
動きもゆっくりで、ゆっくりよたよたしています。
お水の飲み方も小さくなった気がするし、トイレの回数もちょっと減った?

心配し過ぎたくない。でも見逃さないようにしなければいけない。
なんか、このへんのバランスが悪いです。私の。
難しいな。

病気のことも、調べれば調べるほど、
強くなれる反面、弱さを引き受ける場合もあります。
病気そのものには知識で対抗できるようになるけど、
調べた先の症状がハナにバッチシ当てはまっていたりするわけで、
知識という強さを得ると同時に、逆らえない現実も突きつけられるのです。

とりあえず今日のハナは、
いつものノビノビをするには、ちょっと元気が足りないようです。
カリウムを補う薬をすったもんだしながら飲めているので、
その薬が効いてくれるよう、期待したいところ。

わっしょい!わっしょい!



参考サイト
■ 若山動物病院 Dr.Nyanの健康講座
■ いつでもごろニャ。猫の病気

2月の結果

本当は今度の月曜に、腎不全の血液検査と結石のエコーで診察の予定でしたが、
急遽今日の朝イチでハナを動物病院に連れて行きました。

110225.jpg
「エッ!?」

月曜の夜ゴハンから、カリカリを少し残していました。
カリカリ1粒の時もあれば、もう少し食べ残す時もあり。
食べるスピードも少し遅くなったかなとヒデと話していたところ、
昨日の夜、食べている最中に吐いてしまいました。
そして今朝はとうとうゴハンに興味を示さず。

それだけでなく、昨日の夜から今日早朝にかけて何度か吐いて、
昨日の夜は大好物なお風呂のお湯も飲まず、
何より今までなかった症状として、
トイレに行って踏ん張っても出ないという、心配極まりない状態になっていました。
そのあと、ボサッと大きなウンチをやっと出すには出したのですが、
歩いていても非常にふらつく様子を見せ、
これはもう何をおいても病院へとなったのです。

110225-1.jpg
「いや、ワシのことはいいから、仕事行きなはれ」

獣医さんに月曜日からの経過を話し、獣医さんからいくつかの質問を受け、
まず触診してもらったところ、オシッコやウンチが溜まっている様子はないとのこと。

次に血液検査をして、その結果、
電解質であるカリウムの数値が、かなり低下していることが判明しました。
獣医さんの話し方からしても、久々に良くない状況だと分かる雰囲気。
今回初めて、低カリウム血症という病名が出されました。

低カリウム血症になると、まず筋力が低下していくのだそうです。
多飲多尿でカリウムが排出されすぎて低カリウムになるようですが、
腎臓を患っていると、多飲多尿でなくてもそうなる場合があるとのこと。
ウンチがなかなか出なかったのも、
息む力が弱くなって、出せないでいるうちにウンチが溜まって、
結果便秘と思うような状態になったと考えられなくもない、と獣医さん。

110225-2.jpg
「アンタ、そんな、ヒトのウンチで盛り上がって・・・」

その後のエコーでは、結石の方は前回とほとんど変わらない状態で、
今のところは大きな問題と考えなくても良いということだったので、
これからは、減少しているカリウムを正常な状態に戻すことを、
これまでの食餌療法とメルクメジンの投与に加えて、やることになりました。
電解質を補う薬を、朝晩1日2回です。

さきほど低カリウム血症と書きましたが、
まだハナがそうであると確定したわけではありません。
確定したわけではありませんが、

「これからの1年間で、以前の悪い状態のようになることがあるかもしれないと、
 考えなければならないかもしれません」

と言われるぐらい、大丈夫とは言えない状態なのかもしれません。
かもしれないのオンパレードですが、少なくとも、
ハナの腎臓は少しずつ機能が低下している、それは恐らく事実のようです。

まあね、こればっかりは、患ってしまったものはしょうがないから。

110225-3.jpg
「そうそう、ダラッといきましょう、ダラッと」

今回の結果は思ったよりも心身ともに響いたらしく、いつになく倦怠感を覚えました。
回復するのにもかなりの時間を必要とし、なにより心が重かったです。
いつもは全く感じない心臓の重さを、リアルに感じたような。

体の疲労は、仕事の休憩中に仮眠を取ったことで、
心の疲労は、原点に返ったことで、かなり緩和されました。

ハナが1番穏やかでいられること。

不可測な事態を考えなければ、今、家族で死に1番近いところにいるのはハナです。

今日の動物病院での出来事は、私にとって、ハナに対する2度目の余命宣告でしたが、
実は当の本人ハナにとっては、とりあえず具合が悪いのが治まりさえすれば、
「あ~ヨカッタヨカッタ、さ、寝よ寝よ、まったくくたびれた~」
と、この程度のことなんだと、それはやっぱりそう思うのです。
「ワシ、どんどん病状悪くなってるらしいわ・・・」
なんて落ち込むことは絶対ないと、普通に考えれば当然です。

じゃあ、そんなハナにとって何が1番シアワセかと考えた時、
いつもどおり、普通に、穏やかに日々を過ごす、ただそれに尽きるな、と。

もちろん苦痛に対して放っておくことは家族として無理なので
その時だけは、嫌だろうが何だろうが、治療に付き合ってもらうと思いますが、
そこはそれ、ハナにも家族として、こちらの気持ちをご理解いただければ。

今、ハナは何も不安に感じていないはずです。

ゴハンも、1粒残したけど、1日ぶりにちゃんと食べたし、
トイレをした形跡がないのがちょっと気になるけど、落ち着いているし、
薬を無理やり飲まされたけど、ごほうびで仔猫の時以来のアイス食べられたし、
ヒデにオシリトントンしてもらったし、
トキとユメのケンカに首突っ込んだし、
昨日のフラフラゲーが嘘のように、いつもどおりに過ごしています。

110225-4.jpg
「いつもどおり」

どういう状況になろうとも、
ハナが1番楽で穏やかでいられる環境を作ること。
このスタンスは、これからもしっかり貫いていきます。

そのためにも、また少し勉強をしていく必要はあるので、
今度は低カリウム血症に関しても、調べてみようと思います。

並んで

110223.jpg

ハナ、オシリはみ出してるよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。