2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎臓サポート

ハナのために購入した、ロイヤルカナンの腎臓サポート。
24個入り1ケース分で、今日最後の1個が終わりました。

110620.jpg

いつも注文しているショップから届いたのが4月14日。
それまで、ウェットタイプのフードは動物病院で1個ずつ買っていたので、
これが届いた時、ヒデと
「これでハーちゃんのゴハンはしばらく安泰だね!」
なんて話していたのを思い出します。
結局ハナの食欲が戻ることはなく、
ハナに食べてもらえたのは、24個のうちの2個分もなかったでしょうか。

カリカリと違い1度開封すると早めに消費しないといけないので、
最初は開封したあと、小分けにして冷凍保存していましたが、
ハナには少しでも開封したばかりの鮮度のいい状態であげたかったし、
トキユメにもあげて大丈夫とのことだったので、
途中からはみんなでこれを食べてもらうようにしていました。
トキユメからすると、「超ラッキー!」って感じでしょうか。

110620-1.jpg

ハナが息を引き取った翌日、
食器置きの中ににゃーゴハンのお皿が2枚だけになっているのを見て、
とてもとても辛かったのを覚えています。
いつもここには3枚、同じお皿が並んでいたのに・・・

「ハナのお皿は?」
「あ、しまっちゃったんだよ・・・」

出していてももう使うことはないし、しまうのは正しいことだけど、
ハナのいなくなった現実がそこに明らかにあって、
2枚だけのお皿に、私は小さくうろたえていました。

その後そのお皿は、ハナのお水用としてすぐに現役復活しました。
今は毎朝、「ハナちゃんお水どうぞ」とハナの写真の前においています。
やっぱり、3枚揃っている方がしっくりくる。


このウェットが終わったことで、我が家の腎臓サポート用フードは全てなくなりました。
またひとつ、ハナとのつながりがなくなったんだなあと思うと、
少しの寂しさと小さな虚脱感に包まれます。

今、ハナはいつもそばにいるけど、
ハナがいた確かな証は、
こうして少しずつ終わりを告げていくんだなあ。


スポンサーサイト

その目は・・・

今日のハーちゃん。
110322.jpg
「なにさ」

今朝もゴハンを残しました。食べたのが出した3分の1くらい。
でも、ハナ特に元気がないというふうではないんです。

110322-1.jpg
「オシリトントンのヒト、まだですか?」

ハナの必須アイテム、薬のメルクメジンがなくなったので、
夕方動物病院にもらいに行きました。

「ハナちゃん、どうですか?」
「食べないんです」

獣医さん、心配な顔。

「でも食欲がないわけではなくて、プリンは食べるんですよね」
「出されたのを仕方なく食べている、という様子ではなくて・・・?」
「出た!って感じで食べてます」
「なるほど、じゃあ以前のように、食べなくて元気もなくなっているという感じでは」
「ないです。むしろ動きすぎなくらい動いているようにも見えます」

110322-2.jpg
「むは~ん」

我が家では、ロイヤルカナンの腎臓サポートカリカリタイプをハナに、
phコントロールカリカリタイプを、ハナがうちのコになった時から全員にあげているので、

「腎臓サポートのウェットタイプがあったら、ちょっとそれをあげてみようかと思って」
「腎臓サポートのウェットはないんですけど」

と、獣医さんがオススメしてくれたのがこちら。

110322-3.jpg

腎不全、肝不全、心不全のコ用の療養食です。デンマークから来ました。
デンマークのフードのデザインはリアルと言うか何と言うか・・・
あの目はなんなんでしょうね?猛禽類?赤鬼青鬼?

夜ゴハン、まずはメルクメジンかけカリカリだけを出してみました。
ハナ、食べます。食べます。いい勢いで食べてくれています。

が、半分ぐらいで今回もまた「もういい」モードに。
「アレあげてみよう」
猛禽類のフロムデンマークフードの蓋をパクッと開けた瞬間、

「ハーちゃん、ちょっと待って待って待って!」

ハナ、スイッチが入ったのか切れたのか、フードに頭から突進。
急いでさっき残したメルクメジンかけカリカリに、フロムデンマークを混ぜてみると、
うひー!食べる食べる!すんごい勢い!
こんな勢いでゴハンと向き合うハナを見たのは何年ぶりかというぐらいの勢いです。
放っておくと、いつもの3倍ぐらいの量を食べそうです。

110322-4.jpg
「メシのあとの1杯はたまらんぜ」

・・・そうか。

ハナ、カリカリが食べ辛かったんだね。

今まではドライフードをぬるま湯で浸してお茶漬け風にしていたのですが、
1度食欲をなくしたあと、治療をして体力が戻ってゴハンを食べるようになった時、
しゃばしゃばゴハンが食べにくそうに見えたので、
ハナだけ素カリカリにしていたのです。

でも、それが逆に食べにくかったんだね、ハナは。

お目めもまん丸、よく動くし普通に喋るし、プリンはんまいし、
でもいつものゴハンは食べにくくて、だから「もういい」だったんだね。
ゴメンね、気付いてあげられなくて。
おなか減ってたでしょ。

110322-5.jpg
「もういいの、おいしかったから」

ひいっ!ハナ、首がもげるっ!!!

明日の朝も、また混ぜてあげるね、いっぱい食べて。
でも新しいゴハンは1個しか用意してないし、それが終わったら終わりだから、
そしたら、またメルクメジンかけお茶漬け風ゴハンを楽しんでくれるかな?

とりあえず、良かった。

猫に・・・

我が家では、愛猫たちのゴハンには、ロイヤルカナンのドライフードをあげています。
ハナは腎臓サポート、トキとユメはphコントロールです。
ハナはさらに、メルクメジンをかけてお湯をそそいでお茶漬け風にしています。

100216.jpg
「まふまふまふまふまふ」

1番年上なので、1番最初にゴハンをもらえます。
でも、最後まで食べ続けていることが多いです。
よく噛んで食べてるのかな?

ドライフードはウェットよりもずっと水分含有量が少ないので、
ふと思い立ち、今回トキとユメにもお湯を注いでおかゆ風にして出してみました。

100216-1.jpg
「はふゅ!はふゅ!はふゅ!はふゅ!はふゅ!」

いつもカリカリをゴクゴク丸飲みしているトキ。
おかゆ風ゴハンは、今まで聞いたことのないような音を発しながら
掃除機で吸い込むような勢いで平らげていきました。
お気に召していただけたかしら?

100216-2.jpg
「あく!あく!あく!あく!」

ユメ!こぼれてるよ!
ドライのままでもおかゆ風にしても、とりあえずこぼすユメ。
ユメの食べるのが遅い時は、大抵なにかをこっそり食べた時。
ティッシュだったり、マットの裏だったり・・・

トキとユメは特に疾患があるわけではないので、この療法食じゃなくてもいいのですが、
市販のものに変更した途端、トキがメタボ街道をひた走る様子を見せてきたので
獣医さんに相談してまたphコントロールに戻したのでした。

でもネットでちょいちょい調べてみたら、随分安く通販で手に入る手段があったり、
ダイエット目的ならphコントロールじゃなくてライトっていうのもあって、
そうか~、まだまだ勉強不足の情報不足でございますな。

獣医さんも、トキユメにphコントロールを特別勧めているわけではないし、
より目的に応じた食事を考えると、ライトの方がいいのかも。

ハッ・・・!

猫にゴハン。
猫にコバン。

カタカナで書くと、点々の場所が違うだけだ・・・!

むう、猫恐るべし・・・

で、なんだっけ?


■療法食参考 >>> 猫の処方食・療法食一覧
■ロイヤルカナン療法食参考 >>> だいふくどう ひろせ動物病院
■ロイヤルカナン商品参考 >>> Pet's Pro

ニューお皿

おニューのお水用お皿が届きました。

091203-1.jpg
「んま、んま、んま」

091203-2.jpg
「オウ、ナニ飲んでんだよ」
「きゃ~イジメッコだ~」

091203-3.jpg
「あーまぢうめえし」

トキ、お皿舐めるんじゃなくてお水飲んでね。


Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アキ(画像はハナ)

Author:アキ(画像はハナ)
2009年に腎不全の診断を受けた白茶のハナを中心に、日々楽しく過ごす幸せの時間をつづっています。
2011年5月14日、ハナは11年の生涯を終えて、次なる世界へと向かっていきました。
現在は、白黒トキとキジ白ユメ、2012年2月から家族になった茶トラのフクがメインです。

動物愛護法改正2012

動物愛護法改正2012

最新記事

最新コメント

カテゴリ

はじめに (2)
2011年5月14日 (5)
日常 (399)
症状 (24)
病院 (49)
薬 (2)
食事 (4)
思い (68)
トキ (129)
トキ病院 (4)
ユメ (95)
ユメ病院 (3)
フク (125)
関係 (43)
ハナコレクション (14)
思い出 (22)
14日 (34)
小さな家族 (14)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

blogram

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。